スポンサーリンク

禁酒8日目。酸っぱい物で「飲みたい」が消えた!?

禁酒8日目です。

脳はアルコールの代謝物を求めてるだけ

私は時々「自炊するぞ!」と思いついて食材を買い込むことがあるんですが、大抵は使い切れず腐らせてきました。特にニンジンは悲惨で何度とかしたことか。

とはいえ禁酒している今、自尊心を傷つける行動は辞めたい。自信喪失はスリップに繋がりかねませんからね。

結論から言えばカンタン酢という調味酢でピクルスにすることにしました。酢酸は防腐作用もあるし、作ったことを忘れても思い出せるくらいには保存できます(1週間くらい)

で、それを食べたときです。アレが来たんです。そう、酒を飲んだときの気持ちよさが!

気になって調べたところ、アルコールを飲み続けた脳はブドウ糖のかわりに酢酸をエネルギー源に使うようになるという論文が見つかりました。

元の論文は英語なので、ここでは論文の説明をした精神科医の方のブログを引用します。

アルコールを飲み続けると、脳の神経細胞はアルコールの代謝産物である酢酸ばかりをエネルギー源として利用するように変化してしまうという論文が出たのである。彼は、ブトウ糖よりも酢酸を好んで消費するようになった脳の命令に従って、昼間から脳のエネルギー源として酢を好んで飲んでいたのだ。今、ようやくクラスメートの謎が解けたのであった。

(中略)
この論文は、これまで脳はブトウ糖しかエネルギー源として積極的に利用しないと考えられていたことをくつがえすような論文である。ただし、飢餓などの際には脳はケトン体を使用して一時的にしのぐことは既に分かっているのだが、ブトウ糖よりも酢酸を優先的に利用するようにシフトするというのは初めての発見である。

酸っぱいものを取れば万事解決?

ただ、これには1つ疑問があります。それは「もうこうなった脳は、2度と糖分をエネルギーにしないのか?」という問題。

これについて引用元の記事では言及していません。ただ他のサイトでは、数週間で「甘いものが欲しくなった」と書いている人も居ました。

ひとまずは酸っぱいものを取り入れて飲酒欲求に対抗しようと思います。

気分の落ち込みが減った…?

禁酒を初めて8日が経ち、何もしてなくても漠然とダルい、苦しいといった感覚が減ったように思います。1週間ピッタリでは来ませんでしたが、だいたいその位でチョットの変化を感じるようになるというのはあるのかもしれません。バイオリズム(誰にでもある気分の波)の可能性もあるので要検証ですけどね。

さて、今日も1日積みました。ゆっくり焦らず明日も積んでいきます。

応援宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました